特定非営利活動法人Return to Forest Lifeについて

私たちが平成27年度から本格的な取組みを開始した森林再生事業は、特定非営利活動法人Return to Forest Life(以下、RFL)の活動と思いを受け継いでいます。

このページでは、RFLの法人概要と沿革をご紹介します。

header_gaiyo

法人概要

沿革

2006年 4月 任意団体「ワタミの森林をつくる会」発足
2006年 10月 千葉県山武市板川地区・埴谷地区の森林(計9ha)において、所有者との森林保全協定を締結し、板川の森、埴谷の森での活動を開始
2007年 4月 第1回ワタミの森植樹祭 開催
理事長、支援者によるシンボルツリー「ヤマザクラ」を植樹
2007年 10月 特定非営利活動法人Return to Forest Life 認証取得、設立
2008年 2月 東京都大田区環境展「エコフェスタ」に初出展
2010年 4月 第2回ワタミの森植樹祭(50本の広葉樹苗木を植樹)開催
間伐材を用いたバイオマストイレを森の中に建設
2011年 1月 RFL通信第1号 創刊
2011年 9月 ワタミ手づくり厨房東松山センター敷地内にて第1回植樹祭を開催
2012年 10月 千葉県山武市日向地区の森林(11ha)について、山武市との森林保全協定を締結し、日向の森での活動を開始
2013年 2月 大分県臼杵市、大野郡森林組合との協働により、臼杵の森(0.1ha)での活動を開始
2013年 10月 長野県東御市の森林(10.5ha)について、東御市との森林保全協定を締結し、東御の森での活動を開始
2014年 4月 長野県東御市との共催にて、「森と農業と食の祭典」を東御の森で開催
2014年 5月 大分県臼杵市との「臼杵市水源涵養の森林づくりの協力に関する共同宣言」に調印
2014年 10月 兵庫県丹波市市島町南地区の森林(3ha)について、丹波市、市島町南自治会との森林保全協定を締結し、市島町南の森での活動を開始
2015年 4月 これまでの取組みをさらに拡大するため、公益財団法人Save Earth Foundationに全ての事業を移管
2015年 7月 特定非営利活動法人Return to Forest Life 解散

このページの上部へ