「臼杵の森」3月の活動報告(大分県臼杵市)

 

 実施日  2019年3月2日(土)
 活動場所  臼杵の森(大分県臼杵市)
 参加人数  52名
 主な活動内容 ・ヤマザクラ植樹(70本)
・スギ植樹(200本)

 

臼杵の森保全パートナー「ワタミファーム&エナジー(株)臼杵事業所(以下、WF&E)」との共催で、臼杵市長をはじめとする市役所職員やサポーターの皆様にご参加いただき、植樹活動を行いました。

臼杵の森での植樹活動は今年で3度目となりましたが、今年は中野市長にもご参加を頂き、総勢50名超と過去最多の参加者を得て、ヤマザクラに加えスギの苗木も植樹しました。今回はサクラ70本に加え200本のスギを植樹。一昨年からの活動で、植樹本数は合計510本になりました。

一昨年、昨年に植えたヤマザクラの成長も確認。数年後にはお花見を楽しむことができそうです。地域の皆様の憩いの場となるよう、引き続き大切に育てていきたいと思います。ご参加・ご協力頂いた皆様、ありがとうございました!

 

※ヤマザクラの苗木は、WF&Eが(公財)日本さくらの会の「平成29年度宝くじ桜寄贈事業」に応募し採択され、寄贈されたものです。

このページの上部へ