「ウッディミナミの森」11月 森林ボランティア活動報告(兵庫県丹波市)

 

 実施日  2018年11月17日(土)
 活動場所  ウッディミナミの森(兵庫県丹波市)
 参加人数  24名
 主な活動内容  間伐(1本)、枝打ち体験

 

今回はワタミ株式会社の労働組合「ワタミメンバーズアライアンス」との共同企画として開催しました。ご家族連れでの参加が多く、たくさんの子どもたちが集まってくれました。

市島南自治会館に集合し、開会式のあとウッディミナミの森へ。森の中で紙芝居をつかって、子どもたちに森林保全活動について、また人と森との関係性などについてレクチャーを行いました。

続いて、チェーンソーを使ってヒノキの間伐作業を実演。エンジン音の迫力と木が倒れる衝撃に、子どもたちは目を丸くしていました。その後、手ノコを使って枝打ち作業を体験していただきました。初めてノコギリを使うという子どもたちも多く、真剣な表情が印象的でした。

森での活動体験のあとは自治会館へ戻り、昼食会で懇親を深めたあと、午後はワタミファーム丹波農場での収穫体験を楽しみました。天候に恵まれ、自然を満喫する一日となりました。

ウッディミナミの森では、市島町南自治会の皆さんが中心となって「災害に強い森づくり」をめざして定期的に保全活動を行っており、SEFも自治会との保全協定に基づき、活動をお手伝いさせて頂いています。この活動により多くの方に参加頂けるよう、このような普及活動も継続していきたいと思います。

このページの上部へ