「臼杵の森」11月 森林ボランティア活動報告(大分県臼杵市)

 

 実施日  2018年11月17日(土)
 活動場所  臼杵の森(大分県臼杵市)
 参加人数  21名
 主な活動内容  竹林整備(間伐、棚組み)

 

本年度1回目の臼杵の森での活動は、パートナーの「(株)ワタミファーム&エナジー臼杵事業所」との共催で、現地大分からに加え、長崎や鹿児島からのサポーターも参加し、計21名が集まっての実施となりました。

昨年11月の活動に続き、今回も竹林の保全活動を行いました。かつては食品会社の筍生産林として活用されていましたが、数年前に生産を取りやめ土地は市へ返却され、その後手入れが行き届かなくなってしまっています。

1年前に除間伐と棚積み作業を行なったエリアは、見た目から未着手エリアよりもすっきりとしていることがわかり、昨年も参加したサポーターの皆さんは成果を実感でき、よりやる気が湧いてきたようでした。

枯れが進んでいる竹、曲がって生えている竹を中心に、4班に分かれてペアで除間伐と棚積み作業を進めました。約2時間の作業で、昨年着手できなかったところまで整備を進めることができました。

まだまだ広大な竹林エリア。時間はかかりますが、少しずつ手入れを進めていきたいと思います。

次回の臼杵の森での活動は、来年の春を予定しています。サクラの植樹を行う計画ですので、ご期待ください!

このページの上部へ