5月27日(土)森林環境イベント「森から学ぶ」第3回 開催報告(長野県東御市)

日程
平成29年5月27日(土) 10:00集合~12:00解散
主催
(公財)Save Earth Foundation
協力
東御市、(公財)身体教育医学研究所
参加者数
14名
当日の様子

森林環境イベント「森から学ぶ」講座第3回を開催しました。

1

新緑の森の中を、木々の若葉や咲き始めた花々を観察しながら、散策しました。

2

若葉のやわらかな緑や可愛らしい花の姿にみとれ、子どもの頃ヤマグワの実を食べて口のまわりが青く染まった思い出話を語り、太いサンショウの幹に感動。一人ひとりが森を身体や心で感じながらゆっくりと歩きました。

3

自然環境調査を依頼している植物相調査員、動物相調査員が同行し、葉の縁やつき方、葉脈、単葉と複葉などについて、実際の植物をみながら説明を受けました。めずらしい形の植物や鳴いている鳥についてもその場でお聞きすることができ、森歩きの楽しさも倍増です。

最後に、森の入口に残る江戸時代からの文化財「六分水桝場」も見学、あっというまの2時間でした。かつては身近にあったのにいつの間にか見られなくなった里山の自然が、この森の中にはまだ残されていることを、参加された方に実感していただけた様子です。

この連続講座は(公社)国土緑化推進機構「緑と水の森林ファンド」の交付金による助成事業で、「東御の森」での森林環境イベントとして、東御市と(公財)身体教育医学研究所の協力により実施しています。

 

このページの上部へ