4月22日(土)~23日(日)アースデイ東京2017@代々木公園 出展報告

 

1

今年もワタミグループ様のご協力により出展させて頂きました。SEFブースでは森林再生事業の紹介として、サンブスギの間伐材を使ったフォトスタンド作りのワークショップを開催。また、資源循環事業の紹介として、家庭の生ゴミを手軽にリサイクルできる「ダンボールコンポスト」の実演を行いました。

2

木工ワークショップでは、千葉県山武市での活動にスポットをあて、山武の森での活動で出た「サンブスギ」の間伐材を使ったフォトスタンドづくりを開催。ワークショップには2日間で約100名にご参加頂きました。

ブースでは手づくりフォトスタンドの見本に山武の森の写真を展示し、多くの方に山武での活動をご紹介することができました。また今回は、募金頂いた方にお礼と活動のご紹介を兼ね、サンブスギの間伐材で作った割り箸をプレゼントさせて頂きました。

5

ダンボールコンポストの実演コーナーでは、福岡のNPO法人循環生活研究所様のネットワークを通じて、2日間で延べ7名のボランティアスタッフがお手伝いに来てくださいました。約170名の方が足を止め、説明に耳を傾けてくれました。

今後も、企業・団体さまとの協働により大きな変化を生み出していく活動に加え、今回のような一般の方々への啓発活動にも、継続して取り組んでまいります。

このページの上部へ