3月9日(木)森林環境イベント「森から学ぶ」第2回講座 開催報告(長野県東御市)

去る3月9日、「森から学ぶ」自然環境講座の第2回を開催しました。この講座は、「東御の森」の自然環境を紹介しながら、生物多様性や森の保全について学び合う目的で企画しています。

今回のテーマは

◇メダカの気持ちになってみよう~やさしい生物多様性のはなし~

◇「東御の森」の生き物と友達になろう 植物のこと 水生生物・土壌生物のこと

170309

「東御の森」で森林体験プログラムをおこなっているNPO法人やまぼうし自然学校と
(株)Biotop Buildにご協力いただき、「東御の森」の植物や水生生物などについての話題提供につづいて、顕微鏡による水生生物や土壌生物の観察体験をおこないました。

観察体験では、普段気づかない場所で生活しているこのような生き物が、森の自然を支えていることを実感していただけたようです。参加者から「地元の自然や里山がテーマであり身近な自然や昆虫等の内容だったため大変興味が持てました」との感想も寄せられました。また土壌生物の採取や説明については、地元住民の方からのご協力をいただきました。

この連続講座は、(公社)国土緑化推進機構「緑と水の森林ファンド」の交付金による助成事業です。東御市と(公財)身体教育医学研究所の協力で実施しています。

募集中のイベント・ボランティア

イベント・ボランティア報告

このページの上部へ