第1回の食品リサイクル・サロンを開催しました!

食品リサイクルの促進を図るためには、より多くの消費者の皆様方に知って戴くことが重要であるとの思いを形にした『食品リサイクル・サロン』の1回目が2月28日(火)午後3時から渋谷で開催されました。

気軽に立ち寄って、コーヒーでも啜りながら食品リサイクルを勉強して戴こうという企画で、偶数月の月末に開催して行こうというものです。

記念すべき第1回の講師は、食品廃棄物の飼料化を軸に食品リサイクルループの構築を多数手がけ、エコフィードの分野では第一人者のお一人である、獣医師の高橋巧一先生にお願い致しました。

特定の組織や団体に特に出席要請はせず、週刊ストア・ジャパン、週刊循環経済新聞、環境カウンセラーメールニュース、幣財団のニュースレター第3号
(1月25日発行、350部配布)など正統派の手法で告知を図りましたが、13名の参加にとどまりました。改めて、食品リサイクルの認知度の低さを痛感さ
せられる結果となりました。小人数が故に密度の濃いQ&Aが出来ましたが、高橋先生から内容の濃いお話を戴いたこともあり、事務局としては、大変
“モッタイナイ”との思いでおります。

次回は4月26日(木)、午後3時から、食品廃棄物の堆肥化とエネルギー化でループリサイクルの実績を挙げておられる千葉・和郷園顧問の阿部邦夫先生に講師をお願いしておりますので、この記事を読まれた方々はじめ多くの皆様方の積極的なご参加をお待ち申し上げております。

このページの上部へ