八王子市の2会場で午前と午後に開催-満員の盛況! ― ダンボールコンポスト 講習会 ―

 

去る6月10日(日)午前10時から川口C.C.(市民センター)で、また、午後2時からは由木中央C.C.(市民センター)で、ダンボールコンポスト講習会を開催致しました。

今回は、八王子市と共催で、市が今年度から本格的に取組む“生ごみ資源化事業説明会”が開催されたこともあり、各会とも定員60名を超える参加者で会場が埋め尽くされました。

 

財団からは、財団の活動の紹介のほか、食品廃棄物の半分を占める家 庭生ごみが年間1,100万トンにも及ぶこと、そしてその処理には毎年多額の税金が投入されていることなどをご説明しました。参加者の皆様には、改めて、食品廃棄物を出さないことの大切さ、廃棄物が出た場合にはダンボールコンポストなどで資源化し、ごみとしては減量することの大切さをご認識戴けたようでした。そのことは、講習会後にコンポストづくりに取り組む為の基材を申込まれた方が参加者の70%を超えたことでも窺い知れました。

尚、取組み開始後の疑問や不安を解消する為のフォロー講座を川口C.C.で7月29日10時から、由木中央C.C.では7月15日14時からそれぞれ予定していることも告知致しました。

このページの上部へ