飼料化のための分別マニュアル 公開のお知らせ

このたび公益財団法人Save Earth Foundationでは、「食品関連事業者向け 飼料化のための分別マニュアル」を作成し公開いたしましたので、お知らせいたします。

マニュアルのPDFファイルは、下記リンク「成果報告ページ」からダウンロード頂けます。

★ 成果報告ページへ

また、冊子版をご希望の方には、1社様1部に限り頒布いたします(送料はご負担下さい)。ご希望の方は、下記リンク「お問い合わせフォーム」に必要事項を入力のうえ送信下さい。事務局よりご連絡申し上げます。

★ お問い合わせフォームへ

 

【概要】

この冊子は、平成25~26年度に当財団が受託した、農林水産省生産局補助「エコフィード緊急増産対策事業 食品残さ等飼料化分別普及体制構築事業」にて作成いたしました。

当財団はこの事業において、未活用・未利用の食品残さを飼料化するための適切な分別方法を普及させるため、検討会議(阿部亮座長)の開催や排出実態・優良事例調査の実施、また新たな分別・流通手法の検討と実証を行い、これらの取組みを通して本マニュアルを完成させました。

平成25年度の成果物および平成26年度事業における各種調査報告書等は、成果報告ページにアップされますのでご参照ください。

このマニュアルは、食品関連事業者の環境担当者を主な対象として、これまで活用されなかった食品残さの飼料化に必要な分別の方法を中心に、現場の知見を基にわかりやすく、かつ実践的に解説しているのが特徴です。

飼料化に必要な食品残さの分別方法や流通手法を整理したほか、実際に飼料化に取り組む際のポイントを、食品製造業・卸売業・小売業・外食産業の各業種特性を踏まえて解説しています。

このほか、食品残さの発生量や廃棄物処理コストの把握、飼料化事業者の選択、処理フローの構築といった、飼料化に実際に取り組むための仕組みづくりに関して、そして最も重要である従業員への啓発・教育のポイントに至るまで、実践的な内容について詳しく記載しています。

さらに、飼料安全法、廃棄物処理法、食品リサイクル法といった順守すべき法律について、ポイントを整理し簡潔にわかりやすく解説しています。

食品関連事業者の皆様はもちろん、飼料化を提案しようとお考えの再生利用事業者の皆様、行政担当者の皆様など、食品リサイクルに関わる全ての方にご活用頂ければ幸いです。

冊子作成にあたりご協力くださいました全ての皆様に、心より御礼申し上げます。

 

 

 

このページの上部へ