秋のダンボールコンポスト講習会を八王子市にて開催しました

晴天に恵まれた9月23日(火)、八王子市資源循環部との共催で、市民を対象としたダンボールコンポスト講習会を、市内2カ所の会場で開催いたしました。

午前・午後合わせて70名を超える市民の方にお集まり頂き、ダンボールコンポスト研究50年の実績を持つNPO法人循環生活研究所の永田事務局長を講師に、また昨年1月に当財団が主催したアドバイザー養成講座を受講した八王子市民の沖之島さんを助手として、ダンボールを使った生ごみ堆肥化の講座が進められました。

まずは実際に沖之島アドバイザーが持参された、取組み途中のダンボールコンポストの出来具合を見学し、コンポストを手で触ってみることから講座は始まり、パワーポイントを使っての永田講師の解説が続きました。

途中では参加者からの質問に応える場面もあり、質疑応答を重ねる中で参加者にはこのダンボールコンポストが数ある家庭生ごみ堆肥化ツールの中でも扱いやすいものであることが伝わり、終了後には「ぜひ取り組んでみたい」という声が多く聞かれ、ほとんどの参加者がキットを購入されておりました。

 

DSC_0211八王子市での講習会は2011年から16回を数え、参加者も述べ1,000名を突破しました。

今回参加した方の中にもこれまでの参加者からの口コミが参加動機という方も多く、地域でのますますの拡がりが期待できます。

11月には今回参加した方を対象に、継続的に取り組んで頂けるようフォローアップ講座を行う予定です。

 

ダンボールコンポストダンボールコンポストは、ベランダや軒先で手軽にでき、臭いや虫の発生も少ないので、一戸建ての方はもとより、集合住宅にお住まいの方にもおすすめです。家庭からの生ごみを減らし、自分で作った堆肥で野菜作りや花作りを楽しむことが出来ます。当財団ではこのようなダンボールを使った生ごみ堆肥化の講習会を、自治体との共催にて開催しております。

また当財団では、ごみの減量化対策を真剣にお考えの自治体の皆様に、この取組みを推奨させて頂いております。自治体のご担当者の方からのご相談もお待ちしておりますので、
本HP右上の「お問い合わせ」ページからお気軽にご連絡下さい。

募集中のイベント・ボランティア

イベント・ボランティア報告

このページの上部へ