ダンボールコンポスト講習会フォローアップ講座を八王子市にて開催!

照りつける日差しが夏の訪れを感じさせるほどの好天に恵まれた7月12日(土)、5月に開催したダンボールコンポスト講習会の参加者を対象としたフォローアップ講座を、八王子市資源循環部ごみ減量対策課との共催により開催いたしました。

午前は八王子駅前のクリエイトホールにて31名、午後は元八王子市民センターにて15名の市民の方に、それぞれ取組み途中の堆肥一握りを手にお集まり頂きました。

 

IMG_1334今回の講師には福岡のNPO法人循環生活研究所から理事長のたいら様(写真左)をお迎えし、アドバイザーを八王子市民の沖之島様(写真右)にお願いしました。

まず、たいら講師から資源循環の大切さについての講義があった後、前回の開催から1ヶ月半ほど経過していたこともあり、ダンボールコンポストに取り組む上でのポイントの再確認のため、沖之島アドバイザーから初回講習会の振り返りがありました。

 

IMG_1343その後、講師とアドバイザーによる堆肥診断と質疑応答に入りました。参加者からの質問に講師とアドバイザーから分かりやすく的確な返答がなされ、疑問や不安が解消された参加者の皆さんの晴れやかな表情が印象的でした。

参加者のアンケートでは、「とても勉強になった」「楽しく理解できた」「不安が解消された」「他の方の質問・回答が参考になった」「虫を恐れないようにしたい」「もっと普及すると良いと思う」といった感想が見られ、とても有意義な講習会となりました。

 

八王子市とのダンボールコンポスト普及の取組みは平成24年にスタートし、これまでに開催した講習会は26回を数え、参加者数はなんと今回で1,000名を超えました。この秋にも講習会の開催を予定しておりますので、これまで参加されていない八王子市民の皆様はぜひご参加ください。 

 

ダンボールコンポストダンボールコンポストは、ベランダや軒先で手軽にでき、臭いや虫の発生も少ないので、一戸建ての方はもとより、集合住宅にお住まいの方にもおすすめです。家庭からの生ごみを減らし、自分で作った堆肥で野菜作りや花作りを楽しむことが出来ます。財団ではこのようなダンボールを使った生ごみ堆肥化の講習会を、自治体との共催にて開催しております。

また財団では、ごみの減量化対策を真剣にお考えの自治体の皆様に、この取組みを推奨させて頂いております。自治体のご担当者の方からのご相談もお待ちしておりますので、
本HP右上の「お問い合わせ」ページからお気軽にご連絡下さい。

このページの上部へ