昭島市での本年度1回目のダンボールコンポスト講習会を開催しました!

DSC_0133

去る6月14日(土)、昭島市環境コミュニケーションセンター2階会議室にて、昭島市では本年度1回目のダンボールコンポスト講習会を開催しました。

5月の八王子市での開催日と同様に好天に恵まれ、30名様ほどの昭島市民の方にご参加頂きました。

 

 

DSC_0139

講師には福岡のNPO法人循環生活研究所から事務局長の永田様をお迎えし、アドバイザーを八王子市民の鍵山様にお願いして、長年の試行錯誤により開発されたダンボールコンポストキットを用いた生ごみ堆肥化の基礎知識や技術について、詳しくも分かりやすい説明を頂きました。

 

 

DSC_0159

講師からの参加動機に関するヒアリングでは「出来た堆肥を使いたい方」という投げかけに最も多くの手が上がり、講義後の質疑応答では、入れても良いものとダメなもの、虫が発生したときの対処法、堆肥の使用方法など、具体的で実践的なご質問が多く、ご参加者のコンポストづくりに対する興味関心の高さがうかがえました。

 

昭島市では、市内の食品スーパー2店舗(エコス拝島店・TAIRAYA中神店)でキットを購入すると、市からの補助金が支給されるそうです。昭島市民の皆さんはぜひこの機会に、ご家庭での生ごみ堆肥化の取組みをスタートされてはいかがでしょうか。

本年秋にも、昭島市での講習会開催を予定しております。詳細については昭島市のホームページや広報に掲載されますので、どうぞご参加をご検討ください。

ダンボールコンポストダンボールコンポストは、ベランダや軒先で手軽にでき、臭いや虫の発生も少ないので、一戸建ての方にはもちろん、集合住宅にお住まいの方にもおすすめです。家庭からの生ごみを減らし、自分で作った堆肥で野菜作りや花作りを楽しむことが出来ます。財団ではこのようなダンボールを使った生ごみ堆肥化の講習会を、自治体との共催にて開催しております。

また財団では、ごみの減量化対策を真剣にお考えの自治体の皆様に、この取組みを推奨させて頂いております。自治体のご担当者の方からのご相談もお待ちしておりますので、
本HP右上の「お問い合わせ」ページからお気軽にご連絡下さい。

このページの上部へ